USB-C搭載のMacbook Proに乗り換えてから、色々とアダプターが必要でほんと困ってます。USBスティックそのまま挿せないし、アダプターにいちいち書かないと、そのうち何のアダプターだかわからなくなるし

特に映像系が面倒くさくて、プレゼンテーションするときは色々なアダプターを持ち歩かないといけません。VGA接続だとアダプターによっては電源供給しないと安定しなかったり、接続も地味に面倒くさいです。

と思ったら、USB-CからHDMIに変換するケーブルを発見。ケーブルも細くて柔らかくて取り回しが良く、これ一本でプロジェクターなりスイッチャーに直接繋げられるのでとても便利です。

アダプターがないだけで心が軽くなりました。USB-C搭載のmacでプレゼンテーションする方にはオススメの一品です。

ふと、アダプターって何なんだろうって思いました。そんなに大きなものでも無いし、ケーブル挿すだけで大した手間でもないけど、なんか心理的には抵抗があります。

アダプターが原因のトラブルにはよく泣かされたのでそのトラウマなのか、オーディオマニアだった頃の心理を引きずっているのか…。アダプターって不思議だなと思いました。笑