いままでアナログ盤からの取り込み環境をaudio alchemyのフォノアンプとTC Konnekt Liveという組み合わせでやっていたけど、TC Konnekt Liveがどうにも安定しない。TCのインターフェースはトラブル多い話は楽器屋時代によく聞いていたが、いざ我が身に降りかかると腹ただしい。

そこで、オーディオの取り込みをうちに余っているRME HDSP Multifaceに変えた。ただし、Multifaceにはプリアンプがないので別途用意しなければ行けない。

そこで、持ち出し用に使っていたRANE MS1bを使用。これはロジャーニコルスが「Milleniaと同じくらいよい」と絶賛していた。

接続順としては、

audio alchemyのフォノアンプ→rane ms1b(マイクプリ)→RME Multiface

これで音の定位がびしっと定まり、音像もかなりクリアに変化。TCの音柔らかいんだけど眠い音だったというのがよくわかった。