AMT_vol.1

 

今月のsoundropeさんへの寄稿は、Ableton Liveを機能拡張・カスタマイズできるユニークな機能の”Max for Live”についてです。LiveとMaxがどのような流れでくっついたのか、2010年前後に流行ったmonomeからAbleton Pushへの流れも踏まえて書いています。
また、ここ最近は”多様性”がキーワードになっていますが、LiveとMaxがくっついたことでDAWにも多様性でてきたよね、という話です。

http://soundrope.com/blog/ableton-live-cycling74-max/

また、本文中ではLiveとMaxのユーザーコミュニティについても触れています。Maxのユーザーコミュニティは歴史が長く独特の文化があるのでLiveユーザーも頑張ろう!というわけでAbleton User Meeting Tokyoをリニューアルして、僕とDJ Atくんの共同オーガナイズによるAbleton Meetup Tokyoが10月27日にミートアップを開催します。

今回のゲストは、ニューヨークのAbleton認定トレーナー/dubspotインストラクターであるJosh Bessが登場し、”ステム”を使った独自のライブセット構築・演奏方法を披露。
他の出演者は、通常Liveと組み合わせないようなおもちゃや自作の楽器などをLiveで制御する岡崎ぜったろうと、実際に対人セッションで使える生ドラム系フィンガードラミングのTipsを紹介するreonaが登場し、様々な分野で使われているAbleton Liveに相応しい多様性のあるテーマでお送りします。

※ステム:ドラムなど同系統の楽器を1つのグループにまとめて処理する手法

Ableton Meetup Tokyo Vol.1

Date: 2015/10/27 (火)
Open: 19:00
Venue: Space Orbit
Fee: 2000yen
FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/1620236921559334/

Presenter:

Josh Bess (Ableton認定トレーナー/dubspotインストラクター)

「Stemを使ったライブセットの構築/演奏」
“How I Setup & Perform Live With Stems” +full songs + live instruments (Ableton Drum Racks)

岡崎 ぜったろう (Mammoth)

「実験音楽とAbleton Liveの親和性 ~Ableton Liveはなんでも許してくれる~」

reona

「フィンガードラムのTips紹介/abletonでリアルドラマーに差をつけろ!」

DJ

蜻蛉

Ableton Meetup Tokyo について

共通の趣味・趣向を持った人たちが集まる=Meet up をキーワードにした、Ableton Live ユー ザーのコミュニティーです。
ベルリン生まれの音楽制作ソフトウェア Ableton Live は今やエレクトロニックミュージックだ けで無く、メディアアートなど音楽以外の分野にも使用されるようになり、ユーザーもその使 用方法も多様化が進んできました。このグループは幅広い Ableton ユーザーを横断するコミュ ニティーの構築を目的としています。
私たちは「自分が得意とする Live の使用方法」をプレゼンテーションするミートアップを隔月 で開催しており、毎回アーティスト・エンジニア・DJ・VJ など幅広い分野の Live ユーザーが 登壇しています。

Ableton Meetup Tokyo FBページ
https://www.facebook.com/groups/ableon.meetup.tokyo/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>