本日情報解禁!

次回Ableton Meetup Tokyoは奇数月開催に移行して9/5(木)に開催します。

今回はハードウェアの音楽機材=マシーンを特集して、遂にgalcidがAMTに初登場します。今回は「マシーンを使った音楽制作完パケ術」と銘打ち、モジュラーとかハードウェアを組み合わせて音出るところまではいったけど、そこからどうすれば楽曲完成までいけるのだろう?という素朴な疑問に答えるパネルディスカッションに登壇して頂きます。

僕もプレゼンテーションで登壇して、最近AbletonがリリースしたCV Toolsを取りあげてみようかと思います。最近はCV/GATEの穴がついているアナログシンセが増えてきましたが、イマイチ使い切れていない…という方もいるのではないでしょうか。そうした方に向けて、シンセとCV Toolsを組み合わせてどんなことができるのかというプレゼンテーションしてみます。

その他の出演者は、これまた初登場のBoys be kko。パンチの効いたアー写が特徴的(でも瞳はきれい)ですが、完全ハードウェア・ストロングスタイルを謳い、elektronなどをメインに使用しています。

とここまで書きつつ、そういえばマシーンの定義って何なのでしょうか…?
個人的にはシーケンサーついているとマシーン感があると思いますが、CV Toolsだとちょっとマシーン感薄いかもしれませんね。でも電圧かけて音ができるのだからシーケンサー無くてもマシーンっぽいのかもしれません。そんな細かい事は気にせず、興味のある方はよろしくです!

Ableton Meetup Tokyo Vol.26 We Love Machines

日時:2019/9/5(木)  Open 6:30 pm

会場:Space Orbit

料金:2000円/学生無料(入り口で学生証を提示)

出演者

Presentation

「モジュラー無くてもシンセを楽しめるCV Tools活用法」 by Koyas (Ableton Certified Trainer)

「アナログシンセの活かし方」 by boys be kko

 

Panel Discussion

「マシンを使った音楽制作完パケ術」
Feat. galcid Moderator : CD HATA

 

MC : CD HATA&DIEZONE

DJ : 蜻蛉

 

Facebookイベントページ

https://www.facebook.com/events/2939971869560484/

9月のAbleton Meetup Tokyo はgalcidらを招きマシーンを使った音楽制作を特集!

奇数月開催となった第1回目のAbleton Meetup Tokyoでは、ハードウェアの音楽機材=マシーンを特集します。

最近AbletonからCV Toolsというデバイスが正式リリースされましたが、これはAbleton Liveとモジュラー・シンセを連携させるツール。Ableton認定トレーナーのKoyasは、それを敢えて普通のアナログシンセに使ってシンセの隠された性能を引き出す方法を紹介します。

初登場のboys be kkoは、完全ハードウェア・ストロングスタイルのトラックメイカー。その彼はプラグインなどを駆使してアナログシンセを活用する方法を紹介します。

マシーンを使った音楽制作では、どうやって完成させるのかが悩みどころ。そこで、パネルディスカッションでは、モジュラーシンセとTB-303・リズムマシーンを操るgalcidが登壇して、その完パケ術を聞きます。

引き続き学生は無料です。秋の夜長はマシンを触って音楽を作りましょう!

 

Do we love machines? Why not!? Our next meet up event will feature machines.

Our next meet up event coming up on Thursday September 5, 2019, will feature various types of machines crafted for music production.

Koyas, an Ableton certified trainer, will deep dive into one of the Ableton Live’s latest devices called CV Tools in his presentation. Koyas will show you how to use this new device to pull out the hidden potential from your analog synthesizers, rather than the modular synths that CV Tools is often considered to be designed for.

The other presenter ‘boys be kko’, makes his music solely with hardware equipment, will present how to make the most of his analog synths sharing some effective use of plugins etc, making his AMT debut.

Have you ever fallen into the pitfall of endless detail tweaking which prevents you from finishing your tracks in the world of making music with machines? That’s exactly where our next panel discussion comes in! In this discussion we will welcome Galcid, a music producer creates tracks with wide range of equipment such as modular synths, TB-303 and rhythm machines, taking a closer look on her workflow sharing ways to finish her tracks.

As usual, students are able to participate for free (Don’t forget to bring your own student ID!).

Let’s get together and have some fun in this late summer in Tokyo!

 

PLEASE NOTE: ALL PROGRAMS WILL BE DELIVERED IN JAPANESE LANGUAGE

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください