Abletonが、Liveとモジュラーを連携させるCV Toolsのベータ版を配布しているので早速試してみました。

この連携にはDCカップリングのオーディインターフェースが必要で、ここではPreSonus STUDIO26cを使いました。Expert Sleepersによるリストを見ると試してみるには高価なものばかりですが、PreSonusが安いので早速導入してみました。接続はSTUDIO26Cのアナログオーディオアウトをモジュラーに繋ぐだけですが、DCカップリングに対応したケーブルが必要なようです。
今回はBeldenの4chのマルチケーブルでTRSケーブルから3.5mmモノラルミニプラグに変換するケーブル作りました。このケーブルは、TRS側ではRingを結線せず、TとSを3.5mmミニプラグ側のTとSに結線する感じなのでそんなに難しいものではありません。ただ、ノーブランドのミニプラグを使ったり、AmphenolのTRSコネクターのピンアサインが載っていなかったり、というどうでもいい理由で苦戦しました。

The usual recommendation is to make up special cables with a TRS jack at one end and a TS at the other, connecting T->T (tip to tip) and S->S (shield to shield) while leaving the R (ring) floating i.e. unconnected.

expert-sleepers.co.uk/siwacompatibility

先ほど発表されたNative Instruments / KOMPLETE AUDIO 6 MK2でもDCカップリング対応で同じようなことできますね。価格も仕様も大体同じような感じです。

Audio Interface : PreSonus Studio26c (DC-Coupled)

Handmade cable for sending CV/GATE signals from Audio I/F to my modular

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください