先週末ですが、VENTで久しぶりのCD HATAxKOYASのライブやってきました。この日はAMG SAIMURAくんのTechvaneというパーティーで、思い起こせばもう8〜9年くらい前のModule時代にも出てました。この歳になると時が経つのが本当に早くなります。
この日はサイムラくんのバースデー間近ということでメインのゲストはEMMAさんのテクノセット。テクノというと荒々しくアレンジもあまり練り上げないイメージがありますが、野外があいそうなテックハウスっぽい曲が中心で、アレンジがちゃんとしている曲が多かったです。EMMAさんと話したら、やはり自分はハウスの人間なので…ということで納得。

EMMAさんの後は、僕とHATAさんがテクノセットのライブ。今回のメイン機材はモジュラーとシーケンサーのPioneer DJ SQUIDで、Ableton Live使ってはいるのですがLinkの同期とポン出し程度にしか使いませんでした。セットアップはすごく楽。
モジュラーは色々紆余曲折したのですが、ドラム音源+シンセ+サンプラーを内蔵した自作グルーヴボックスみたいなシステムになりました。モジュラーのミキサーはどれも操作しづらいので、モジュラーからの音声出力はミキサー単体機のTASCAM Model 12でまとめています。やっぱりフェーダーとチャンネルストリップがあると馴染みのある感じでやりやすいです。

肝心のライブは良い感じだったものの、中盤の同期トラブルが痛恨でした。HATAさんとんとのライブは、だいたいどこかしら同期トラブル起きています。複数台の機器をテンポを揃えて動かし続けることは意外と難しく、DAWのレッスンでも同期は一番難しいトピックといわれています。とはいえ、HATAさんとんとのライブはだいたいどこかしら同期トラブル起きているのもなんとかしないとな〜と思っています。
Ableton Linkとか新しい技術が出てきていて、実際使っているし優れた同期方法ではあるですが、WiFiを使うためワイヤレス&ネットワークというトラブル時の対処が難しい要素が絡み合っているのは事実。。。とはいえ、僕らの後はサイムラくんがBPM150位でかっ飛ばしてくれたので、全体としては良い流れになりました。お客さん/関係者の皆さまありがとうございました。

5/22(日)はオフライン開催のAbleton Meetup Tokyo!

さて、そんなリハビリをしつつ、次の日曜日は午後4時からAbleton Meetup Tokyo Vol.49をオフラインで開催します。今回は「ライブセット構築術」をテーマに、Sakura Tsuruta, Hiroyuki Arakawa, Yebisu303の3組のプレゼンターが登壇します。アフターコロナはライブをしよう!というのが裏テーマです。
タイミング合う方は、六本木CUBEで僕と握手!

Ableton Meetup Tokyo Vol.49 Live Set構築術
2022/5/22(日) 16:00@CUBE
Presentation
Sakura Tsuruta 「制作からパフォーマンスへ:ライブ演奏のための楽曲再構築」
Hiroyuki Arakawa 「踊らせる為の簡単なライブセッティング術」 
Yebisu303 「ストレスフリーなPC+ハードウェアでのライブセット構築術」

DJ : i, Ariaray
MC : CD HATA (Dachambo), 蜻蛉
Touch & Try : Novation

↓詳細



Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください