今年から5日間開催となったMUTEK.JP。今年からイベント運営をお手伝いしていて、その間を縫ってCD HATAxKOYASのライブも2本あり、今年で一番慌ただしい1週間でした。

今年のMUTEKは渋谷の街にあるあちこちの会場を使うスタイルで、これが最近の都市型フェスのトレンドになってきていると思われます。昨年よりアクセス良くなってりました。

1日目はSream HallでCD HATAxKOYASでライブ。自分たちの前にやっていたのがsaskiatokyoで、ゴスな雰囲気のsaskiaちゃんとライブ盆栽とのコラボが面白かった。

4と5日目は渋谷EDGEofでお仕事。4日目はAbletonのプログラムで、Ableton認定トレーナーとしての仕事もしつつ、ステージマネージャーもやってAbleton Meetup Tokyoみたいでした。お客さんもたくさん入って大盛況。Yoshi Horikawaさんのパネル面白かった。

夕方にEDGEofの現場を終えた後はLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)に移動。Rhizomatiks Research x ELEVENPLAY x Kyle McDonaldのダンスパフォーマンス作品「discrete figures」観てきました。最初は暗くてうねうね動いているだけなので、こちらもウトウトしてしまいましたが、気がついたら摩訶不思議な世界になっていてぶっ飛ばされました。そういえば高校生の頃にここでPANTERA観たな~笑

そのあと久しぶりにオールナイトの恵比寿リキッドルームへ。上の写真だとステージは暗いですが、フロア後方(下の写真)はやたら明るかった。風営法の規制でしょうが、イジメに近い無粋な法律ですな…

 

5日目はMUTEK主催のAI Music Labのプログラム。夕方にEDGEofを抜けて、CD HATAxKOYASのライブをやりにContactへ。メインはGolden Sunnyというパーティーで、Contactの方は蜻蛉祭。蜻蛉くんのヴァイブスと、Tシャツの引き寄せ効果で、楽しくライブできました。ナイスパーティー!

お陰さまで2019年も良い感じに締めることができそうです。皆さまありがとうございました。