先週末は4回目となるみどりまち音楽の集いでした。この日はあちこちの小学校で運動会があったりで、イベント激戦区の日でした。季節外れの猛暑のうえに地震までありましたが、無事終了しました。

一組目の演奏は、津軽三味線の桂城杜生さんとチェロの大森健一くん。桂城さんの客をのせるトークの上手さが際立ちました。曰く、三味線の演奏は静かな中で聞くものでは無く、「民の楽器」なのでワイワイガヤガヤで聞いて欲しいと。こうした三味線の文化には初めて触れたのですが、パーティーカルチャーと似たようなノリがあるのが面白かったです。また、チェロとの絡みも新鮮でした。そして三味線のチューニングの狂いやすさと、チューナーを使わないところに驚きました。笑

二組目はストリート上がりのジャズバンドであるペントレー・イン・パントリー。このバンドは毎月初の日曜日に弥生小学校の前で開催されているイベント=みどり台パントリーにレギュラーで演奏しています。

このイベントはJRの高架下付近で行われているので、演奏中に上を電車が走り、横を車が走り、お世辞にも演奏をちゃんと聴ける環境でありませんでした。そこで、一度ちゃんとした場所で演奏を聴いてみようと今回出演を依頼しました。

ドルチェホールでの演奏は、流石ちゃんとした環境だけあって、メンバー自ら驚くほど息があって上手でした。イベントを組む側としては狙い通りになって良かったです。

田邊さんのDJも、踊らせるのでは無く聞かせる選曲で、この2組に上手くハマっていました。お陰で今回はすっかり酒に合うイベントになり、新鮮な会になりました笑。

このイベントは、閑静な住宅街である西千葉で、怒られることなく音楽イベントを行うという試みでやっていますが、今回でだいぶ形になってきたと思います。お

越し頂いた皆さま、関係者の方々ありがとうございました。次回の開催は夏頃を予定しています。

イベントの写真はこちらから↓↓↓

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください