6/8は、Pioneer DJ TORIAZ SQUIDセミナーで大阪行ってきました。まずは島村楽器梅田ロフト店へ。

このお店、坂口さんというモジュラー界隈では有名な店員さんがいて、モジュラーの品揃えが充実しています。しかも、この日はエレベーター開くといきなりモジュラーのライブやっているような凄まじい空間。

大阪のモジュラーシーンの一角はこうした熱意溢れる方が支えているんだな…と感心しつつ、そのあとgizm0xさんと909stateさんによるアシッド・ベース講座。この2人のTB-303にかける情熱と知識は半端なく、gizm0xさんの手がけるx0xb0xは303クローンの中でも一番音が良いのではないでしょうか。自分のTB-303もリペアしてもらいたくなりました。

そんなマニアックな流れの中、僕もきょうび何の音源も内蔵されていないハードウェアシーケンサー=SQUIDのセミナーやってきました。このSQUID、コンピューターとUSBケーブル1本で繋ぐだけで、DAWのシーケンサーを使わずにトラックが作れるという面白い製品。そのマニアックな面白さを、わかりやすいように噛み砕いてみましたがいかがだったでしょうか…?やっぱりマニアックですな笑

そのあとは一度行ってみたかったテクノバー=dfloorで大阪の認定トレーナー=Toru Ikemotoくんと一日店長。DJのBGMの代わりにシーケンサーを鳴らし続けるという行為を真面目にやりましたが、やっぱりいいお店でした。笑

明けて6/9は、ゴミゴミした梅田を抜けて、西天満にある楽器店のImplant4を訪問。西天満は綺麗で落ち着いたエリアで、Implant4はその一角にあるのですが、シンセやモジュラーが充実していて以前から一度行ってみたかったところです。実際入ってみたら珍しいシンセを好きなだけ触れる沼が待ち構えている沼でした。ここではロシアのシンセ=LYRA-8を触ってきましたが、狙った音や音程を出すのが難しく、ぶっ飛んでたな〜

Implant4は自分が楽器屋やるならこういうお店やってみたいな〜と思わせるナイスなお店でした。今度行く時は半日くらいスケジュール空けていきたいです。

そのあとは心斎橋に移動して、Toru Ikemotoくんのやっているスクール=yell0wへ。場所はNewtone Recordsの上にあり、今回の大阪訪問でここが一番マニアックはない場所でしたが、ユーザーグループ運営とかの話をしていたら、いつのまにかBehringer Neutronを触って遊んでいたり、素敵なひとときを過ごしてきました。

夕方には東京に戻り、久しぶりにTime Out Cafeに行って、山頂瞑想茶屋の”002”リリースパーティーへ。このミニアルバムは僕がマスタリングで関わっているので、やや過密気味なスケジュールでも顔を出したかったところ。ここは集まっている人が濃かった…笑

というわけで色々な意味で濃い週末でしたが、各地でお世話になった皆さま、ありがとうございました!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください