母の四十九日と2回目のワクチン接種も終わりましたが、なぜかまったく一息つけていません。
そんな中、次回のAbleton Meetup Tokyoは9月28日午後9時から配信!
今回のAMTでは、Pushをはじめ最近の機材に搭載されるようになった機能の「スケール(音階)」を取り上げます。Pushなどに搭載されているスケール機能とは、入力された音程を、自動的に設定した音階にあわせてくれる便利な機能です。
僕が記憶しているスケール機能を大々的にフィーチャーした最初の機材は、2007年に発売されたKORG Kaossilatorだったと思います。まだiPhoneも発売されていない時代に、タッチパネルをなぞるだけで色々なフレーズが出てくる操作感は衝撃でした。

さて、このスケール機能は便利な機能ではありますが、たくさんあるスケールのプリセットからなにを選んでどう使えば良いのか悩む方もいることでしょう(僕もわかっているようでわかっていません)。
今回の配信では愛知のAbleton認定トレーナー=吉澤俊樹をゲストに迎え、スケールの使いどころを解説。スケールの基礎知識から、スケールの攻めた使い方、そしてLive 11に搭載されたピアノロールのスケール活用法などを紹介します。
吉澤さんははベーシストでもあり、CM音楽からクラブミュージックまで幅広い楽曲制作を手がけ、大学や専門学校でも教壇に立つ本格派です。

今回のMCは僕とHATAさんです。
このプログラムはAbleton Meetup TokyoのYouTubeチャンネルから無料で視聴可能です。プログラムの詳細はAbleton Meetup Tokyo のwebサイトをご覧ください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください