PIONEER DJ TORAIZ SP-16 v1.3新機能紹介記事



GUTE-URLS

Wordpress is loading infos from soundrope

Please wait for API server guteurls.de to collect data from
soundrope.com/blog/pioneer-d...

Pioneer DJが発売しているサンプラーSP-16の色々デモとかをやっているのですが、今回ファームウェア(というかOS)が1.3に上がり、その新機能を動画を交えて喋りながらデモしている記事が公開されました。

 

いわゆるネイティブ広告なのですが、自分のポリシーとして名前を出して書く以上は、資料のコピペ+ヨイショのようないかにもな記事は書きたくありません。既にSP-16を持っている人には新機能の使いどころがわかるよう、また、購入検討している方にはSP-16でどんなことができるのかわかるよう、そうで無い人にもなるべく見ていて面白くなるように頑張ってデモしています。

 

こうしてみるとSP-16のリリースからまだ半年経っていませんが、過去記事も含めて見てみると急速に進化しています。実際に僕もSP-16を使ったフィードバックを返していて、それが製品に反映されてます。

 

 

以下は過去の記事です。

SP-16 ファームウェアv1.2
https://soundrope.com/blog/pioneer-dj-toraiz-sp-16-3/

SP-16パフォーマンス編
https://soundrope.com/blog/pioneer-dj-toraiz-sp-16-performance/

SP-16製品レビュー
https://soundrope.com/blog/pioneer-dj-toraiz-sp-16-review/

 

最後に余談ですが、ここ最近インターフェースやらLEDやらの部材の進歩が凄まじく、今まで楽器を出したことが無いメーカーが電子楽器に進出してきています。それ自体は大変良い事ではありますが、実際発売されたものを見ると詰めが甘い残念な製品が多いのも事実です(Pioneer DJではなく他のメーカーです)。

 

特に国産メーカーはソフトウェア面の作り込みが弱く、Ableton Live対応を謳っておきながら、Ableton認定トレーナーからみると残念な対応しかできていない製品もあります。意外と気付いていない人が多いのですが日本人はソフトウェアが得意ではありません。AdobeやMicrosoftみたいにグローバルで使われている日本のソフトウェアメーカー、ありますか…?

 

僕の視点からすると、こういった製品も少しテコ入れするだけで見違えるように良くなる伸びしろを持っています。メーカーの皆さま、楽器の開発・テスト・アドバイザーでお悩みの際は右のcontactフォームからでも大丈夫なので、是非ご依頼頂ければと思います。



2.10 TOKYO MAD CAVE Release Party at Shibuya Ruby Room


 

今週金曜日!

蜻蛉くんのアルバム” TOKYO MAD CAVE”発売を記念してリリースパーティーをRuby Roomで行います。

” TOKYO MAD CAVE”は僕もレコーディング・ミックス・マスタリングと関わり、文字通り二人三脚で作ったアルバムなので、このリリパでやっと一息着けるところ。

このアルバムもお陰さまで「東京の小箱で良くかかっていそうなサウンド」というコンセプトが好評を頂いております。仕上がってみると、東京に限らず都会の繁華街の裏路地の風景が見えてきそうな感じがして、良い意味でイマドキの日本らしいサウンドに仕上がったと思います。

 

出演者は、Sakiko OsawaやYuto Sasakiくんなど蜻蛉くんと同世代のDJ達から、HATAさんやIzponなど蜻蛉くんのパイセンたちまで幅広い年齢層の面々が集まって僕もライブやります。

楽しくなりそうですね〜
よろしくお願いいたします。

 

“TOKYO MAD CAVE” Release Party.
2017/02/10(Fri)
@渋谷RUBYROOM
Open : 20:00
Door : 2000yen with 1drink / Adv : 1500yen with 1drink



2.17 Ableton Meetup Tokyo Vol.11


 

機材好き集まれ!2017年最初のAbleton Meetup Tokyoはハードウェアを特集し、各プレゼンターがAbleton Liveと何かしらのハードウェアを連携させたプレゼンテーションを披露します。

今回AMT初登場となる、エレクトロニックやエクスペリメンタルミュージックに精通したDJ/プロデューサーのBob Rogueは、“Connecting to Ableton”というテーマでAbleton Liveとビンテージ・ハードウェア楽器の連携について披露します。

また、以前も登壇した大谷徳が再度登壇して、モジュラーシンセとAbleton Liveの連携について紹介します。さらに新春企画として「これを見せたい!自慢の愛機」と銘打ったトークセッションを開催。山頂瞑想茶屋をはじめとするハードウェアにうるさいゲストスピーカーが、自慢の愛機について思い入れを語ります。

Ableton Meetup Tokyo Vol.11 Hardware Special

日時:2017/2/17(金) Open 19:00
会場:Space Orbit http://bar-orbit.com/
料金:2000円/学割1000円(学生証を提示)

プレゼンテーション
“Connecting to Ableton”
by Bob Rogue (Non-Event Mass, Real Grooves)
“モジュラーシンセをAbleton Liveでコントロール! Generative music vol.3”
by Megumu Otani

トークセッション
「これを見せたい!自慢の愛機」
Moderator: Koyas
Speaker: 山頂瞑想茶屋, Izpon

司会: Koyas, DJ At
DJ: 蜻蛉

 

 



1.20(Fri) block.fm出演します


インターネットラジオblock.fmのプログラム「shibuya OIRAN warm up Radio」に出演します。

このプログラムは、日頃お世話になっている「しぶや花魁 shibuya OIRAN」から発信されるトーク&DJミックス番組です。

1月はDTM強化月間ということでAbleton Meetup Tokyoとしてお誘いを頂きましたが、AMTについて長々と話す機会はおそらく初めてではないでしょうか。今まで聞いたこと無いような話も飛び出してくると思います。

放送時間は1.20の20:00-21:00。要チェック!



2016-2017


やっと本日年内の予定が全部片付きました。2016年は社会全体も音楽業界も変化の時期にさしかかっていて先行きが見えない中でしたが、Ableton Meetup Tokyoがいい調子で進み、Red Bull StudioでTokyo Dance Music Eventにも参加できました。また、ベルリンで行われたLoopにも行けたし、レーベルもまた動かせたしありがたい限りです。

今年も色々な方々にお世話になりました。ありがとうございます。正月休み明けに締切があるため、仕事納めもなく大掃除もまだなのですが、なんとか無事に1年過ごせました。

2017年はまず1.25に僕のレーベルpsymaticsから、蜻蛉くんのアルバムがリリースされます。また、soundropeの記事でも紹介しているPioneer DJ TORAIZ SP-16も導入したので、これをライブや制作の現場でどう活かしていくか考えていこうかなと思います。

2017年もよろしくお願いいたします。よいお年を!

 

 



12.16(Fri) Ableton Meetup Tokyo Vol.10


amt10-web-flyer

(2016 Final Meetup: English below)

 

千葉では11月なのに雪が積もってます。こんな異常気象は生まれて初めてなのですが、そんな中2016年最後のAbleton Meetup Tokyo開催のお知らせです。12/1にはTokyo Dance Music Eventにも出るので、12/16で去年の10月から数えて通算10回目の開催です。早いものですね〜

さて、2016年最後の開催となる今回のミートアップは、シンセサイザーと11月にベルリンで行われたLoop 2016 Berlinレポートを特集します。
日本のAbleton認定トレーナーの中でももっともシンセマニアなYoshinori Saitoが登壇し、サウンドメイキングについて紹介します。また、シンセと言えばアンビエント・ミュージック…というわけで、ドイツの名門レーベルKOMPAKTからのコンピレーション「Pop Ambient 2017」に参加するYui Onoderaがアンビエントの作り方披露します。

さらに年末スペシャルとして音楽制作者のためのカンファレンス=Loop 2016 Berlinのレポートも行います。Loopは日本ではまだまだ知名度が低いカンファレンスですが、去年にも増して熱気溢れているレポートは、音楽制作の未来を示唆する貴重な情報となるでしょう。

 

イベント概要

Ableton Meetup Tokyo Vol.10 Synthesizer & Loop 2016 Special
日時:2016年12月16日 午後7時開場
会場:Space Orbit http://bar-orbit.com
東京都世田谷区太子堂5丁目28−9
料金:2000円/学割1000円(学生証を提示)

出演

Presenter: Yoshinori Saito (TACMI.ST/Ableton認定トレーナー), Yui Onodera
Loop 2016 Reporter: Koyas&束田 大介
MC: Koyas, DJ At
DJ: 蜻蛉

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/155325641608518/

(English)

The final meet-up of this year features synthesizers and Loop 2016 Berlin report!!



LANDRのブログ記事を翻訳しています


 

 

ひょんなことから、カナダのオンライン・マスタリングサービス=LANDRのブログ記事を日本語に翻訳するボランティアしています。そんなに英語出来るのかというと出来ません。笑

翻訳するのは初めてなのですが、実際やってみると英語から日本語に変換しただけでは読める文章にはならず、そこからさらに読める日本語に仕上げる必要があることを痛感しました。英語力より日本語力が重要ですね。。

他にも何人か寄稿者がいるようで、ちょこちょこ和訳されたものがアップロードされています。このブログは日本にはなかなかない音楽制作のあれこれを書いていて面白いものが多いので、興味ある方は是非ご覧になってみてください。

Homepage



new release : Mammoth 1st Album “東京都”


tokyoto_artwork

 

僕が運営しているpsymaticsレーベルが、12/7に新譜をリリースします。今度リリースするのは、自作楽器やサーキットベンディング・カセットテープでのスクラッチなどを駆使するノイズ・エレクトロニカバンド=Mammothの1stアルバムです。なんだか蛍光灯バンドと似たような似てないような…笑

本日特設サイトとティーザー動画の公開をしました。作品の詳細な情報はこちらをご覧下さい。

Mammoth “東京都”特設サイト

http://psymatics.net/mammoth/

 

このタイトルでは、僕がプロデュース/レコーディングの一部/ミックスダウン/マスタリングと裏方に回って制作しました。Mammothの音をなるべく壊さないようにしながら、音量やバランスなど整えるべき所は整えるようにしました。自分ではバンドとエンジニアリングの上手い相乗効果が出たのではないかと思います。

またMammothのメンバーは本業がデザイナーやカメラマン・華道家などビジュアル面が強い仕事をしています。音楽をやっているとこのビジュアル面がおろそかになりがち(もしくは強くなりすぎ)なので、上手いケミストリーが起こることを期待したいと思います。

 

 



Ableton Meetup Tokyo 1st アニバーサリーありがとうございました


img_8122-1

Ableton Meetup Tokyo 1stアニバーサリー終了し、無事帰宅できました。さすがに12時間ミートアップ&パーティーは中年ボディに堪えるものがあり、まだまだ身体のあちこちが痛いです…笑
12時間色々ありましたが、出演者キャンセルがあったにも関わらずご好評の声も頂き、とても良い内容になったと思います。こんなコンテンツ無茶盛りな長時間イベントを無事終了できたのも、お客さん・出演者・運営陣皆さんのご協力のお陰な訳でひたすら感謝です。
この1年Ableton Meetup Tokyoを通して、東京のAbletonユーザーコミュニティーが段々と成長する姿を間近で見られたのは、認定トレーナーとしても嬉しい限りでした。
それにしても、出演者のジャンルも幅広く・お客さんも一晩中Abletonトークで盛り上がっている方から、夜中のorbitにありがちなゆるふわな遊び方している方まで、好き好きに楽しんでいる感じが良かったです。最初から最後までいた熱心なお客さんもいたのはびっくりです。
写真は後日アップします。ご来場・ご協力頂きまして誠にありがとうございました!
 
Finished Ableton Meetup Tokyo 1st Anv. successfully and go back to home safely. 12H event was hard work for the middle ages like me, so my body still hurts(^_^;).
This is not me who this event made success but all of Tokyo Ableton user community who came/participate to our meetup.
We will share the HQ photos later.
Thanks you for coming and much appreciate for cooperation!!!



Ableton Meetup TokyoがTokyo Dance Music Eventのプログラムに参加


tdme_logo-01

 

僕がオーガナイズしているAbleton Meetup Tokyoが、12/1-3にかけて渋谷で行われるTokyo Dance Music Eventに参加し、Red Bull Studios Tokyoにてスペシャルなプログラムを開催します。出演(というのかな…)は12/1です。

AMTは、Ableton Liveの勉強会でも無く、ワークショップでも無く、ただ音楽を作る人達が集まって交流できる場所を作るために始めました。Ableton Liveユーザーという共通項はありますが、正直言うと別の何かでも良いのです。今のところその代わりはなさそうですが…。

それはさておき、AMTの開始から1年あまりでこうして大きなイベントに関わることができるのは、普段のミートアップに来てくれている方々のお陰であり、出演者・色々な分野で協力してくれている関係者の皆様のサポートのお陰でもありひたすら感謝であります。

詳細は後ほど公開されると思いますが、今回しか見られないようなすごいプログラムになりますので是非とも楽しみにしていて下さい。

http://tdme.com

そしてAbleton Meetup Tokyoってどんな感じなの?と興味を持った方は、是非とも10/22のアニバーサリーパーティー@Space Orbitにもお越し下さい!