Schedule 2016.8


13925400_1732193940334499_24358374713065116_n

 

今年の夏も暴力的に暑いですね。

最近エアコン付けっぱなしの方が電気代が節約できるというネット記事をよく見るので、我が家でも実践してみましたが、どう設定してもキンキンに冷やしたがる機種(三菱製)のせいか、僕がいわゆる冷房病にやられてダウン…

なんとか寝たきりからは復活してきましたが、今でも冷房が効いているスーパーとかではお腹が痛くなります。冷房病は辛いので気をつけましょう。

遅くなりましたが8月の予定です。

 

8.13(Sat) GrooveTube Fes’16 Pre Beach Party @ 千葉県屋形海水浴場

毎年9月に行われる、DIYなフリーフェス=GrooveTubeの前哨戦パーティーでDJやります。

8.19(Fri) Ableton Meetup Tokyo Vol.7 @ Space Orbit, 三軒茶屋

定例開催のAMT。今回はビートメイキング特集です。

8.21(Sun) Paradigm @Solfa, 中目黒

メインフロア出演者のほとんどがラップトップライブを行うユニークなパーティーでライブやります。JoshくんやDJ ATくんなどAMT周りの人も結構出るのでここでもミートアップしましょう。

8.26(Fri) Sunset Sessions Live @ T.B.A.

バレアリックセッションユニット、Sunset Sessionsが久しぶりにライブを行います。詳細が公開されるのはもうちょっと先…!

 

暑いですがお互い頑張りましょう〜!



8.19 Ableton Meetup Tokyo Vol.7 “Beat Making Special”


AMT-Vol.7-keyimage

 

 

本日情報解禁!

第7回目となるAbleton Meetup Tokyoは8/19(金)午後7時スタートです。開催の時間帯を金曜夕方に移したはじめてのミートアップ。今回は「ビートメイキング」をテーマに、テクノ/ビート/アバンギャルドの3タイプのビートメーカーが登壇します。

 

もともとAMTが火曜日開催だったのは、週末は現場で活躍する人達を平日に呼んでしっぽりやる、という理由でした。ただ、火曜日開催だと来れないという意見も多かったので、試しに金曜日に開催する運びとなりました。アンケートを採った結果では土曜日夕方の開催の希望が一番多かったのですが、スケジュールやブッキング・予算面でのハードルがぐんと上がります…週末は遊びましょう!

 

今回は、その金曜日移動した記念として、来場者にこれからの季節まだまだ活躍するAbleton Meetup Tokyoクージーをプレゼント。また、学割もさらに値下げして、1000円で入れるようにしました。

こんな感じで毎回チャレンジし続けているAbleton Meetup Tokyoですが、何卒よろしくお願いいたします。

Facebookイベントページ

https://www.facebook.com/events/1747534522158924/

 

Ableton Meetup Tokyo Vol.7 Beat Making Special

日時:2016年8月19日(金) 午後7時〜午後11時
会場:Space Orbit, 東京都世田谷区太子堂5-28-9 B1F(三軒茶屋駅 徒歩6分) http://bar-orbit.com/
料金:2000円/学割1000円(学生証を提示)

出演者

プレゼンター: DJ At (Ableton認定トレーナー), 岡崎ぜったろう(MAMMOTH), YAGI
MC: Koyas, CD HATA
DJ: 蜻蛉
※事前登録等は不要です


今月のsoundrope寄稿「徹底比較!AKAIのMIDIコントローラ APC40 MK1 vs APC40 MK2」


今月もsoundropeさんに寄稿しました。今回のテーマはAbleton Live用コントローラーのAPC40新旧モデルの違いについての検証記事を書きました。

決してAKAI Professionalに喧嘩を売っている訳では無いのですが、現場ではいまだにAPC40MK1を見かける方が多いのです。とはいえ、APC40MK1は発売から7年経過した製品で、既に後継機種のMK2も出ています。それでもMK1を使いづけているのは、単にMK2に買い変える金が無いのか、それとも他の理由があるのか…そんなことを考えながら記事にしてみました。雑誌には書けない内容かもしれません!

 

徹底比較!AKAIのMIDIコントローラ APC40 MK1 vs APC40 MK2



7/16-18はrural 2016!!!


IMG_7652

 

今週末は去年も出演したrural 2016。ruralは毎回気合い入りますね〜。
僕は、最後の夜となる7/17 深夜1:30 からインドアステージでライブをやります。先週から炎天下の中で草刈りしたりロードバイク乗ったりして、暑い中でもバテないよう体力つけていますが、よく考えたら自分の出番は夜中で屋内。。
今年は(も)ちょっと機材多めですが、最近ちょっとずつライブ機材を変えてきています。

今回はVestal Fader Boardを新たに導入。soundropeの記事にも書いた変わり種シンセなのですが、フェーダーを上げていると音が出っぱなしになるという仕様が、やっぱりアンビエントとかドローンとかと相性良いです。

Fader Boardでフェーダーで和音の構成をじわっと変えていったり、敢えて近い音程の音を出して周波数を干渉させてみたり、相変わらずすごいポテンシャルは感じます。ただ、それだけだとちょっとエフェクト部が弱い&ルーパー欲しいので KORG KP3+みたいなエフェクターあった方が良いでしょう。

それとiPadも見えますが、面白いのにDAWと同期しづらかったGlitch BreaksというアプリがAbleton Linkに対応した記念でビートマシンとして使います。

あとはいつも使っているLeap MotionとかPush2とかAPC40mk2とかもありますが、果たしてこれら機材と3日分の荷物持って電車に乗れるだろうか…そこが不安です。

行かれる方は現地で乾杯しましょう〜!

http://www.rural-jp.com

https://www.facebook.com/events/1712242655700974/



soundropeさんに記事寄稿しました。テーマは「グルーブギア」


 

今月もsoundropeさんに寄稿した記事が公開されました。今回も昔の音楽制作を振り返りながら未来を占う、中年が喜びそうな温故知新の内容です。
今回のテーマは、ミレニアム前後に盛り上がった懐かしのDJ向け機材”グルーブギア”。グルーブボックスとも呼ばれていました。
「そんなのあったね〜」と思う方もいるかも知れませんが、PIONEER DJもこういう機材発売するし、今また一回りして盛り上がっていると思います。
読み終わった後にはヤフオクかハードオフ巡りをしたくなっているかも知れません!笑

これから再評価の波が来る…かも?グルーヴギアの世界



5月後半は夫婦共演2days


13071864_1154836104547800_7956256447590571347_o

世間を騒がせている保育園問題ですが、僕の娘も待機児童になりました。
最近僕は自宅スタジオで制作作業していることが多いのですが、娘が待機児童になってから平日の日中は作業できる時間が激減。無事保育園に預けられれば、以前のように集中して作業できる時間が取れるのですが、なかなか難しい問題ですね。

 

さて5月後半は立て続けに夫婦共演2daysです。
5.27(金)は、Liquid Roomの2Fでmoph recordのmegrimくんが月一で開催しているパーティー”Different Directions”でAbleton Linkに関するトークとそれを使ったセッションを行います。
前回のパーティーではハイレゾや人工知能に関するトークセッションが面白く、ただ集まって騒ぐパーティーというよりは知的好奇心をくすぐるような内容でした。

 

僕は”WiFiで繋がるジャムセッション”と銘打ち、Ableton LiveやiOSデバイスとジャムセッションする方法を紹介した後、実際にその機能を使ってセッションする予定です。
セッションする相手は、Ableton Meetup Tokyoにも縁のあるBervatraと笠原夏樹さん。僕も初めてセッションする方々なので今から楽しみです。
オールナイトでは無く終電で終わるパーティーでエントランスも500円と安いので近くにいる方は是非!
FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/588320191339474/

 

この”Different Directions”が終わった翌28日(土)は、三軒茶屋のSpace Orbitで子連れパーティーの”音楽保育園”でDJします。
「子どもとその親が一緒に遊べる」親バカ全開パーティーですが、僕が子ども(とその親)を踊らせるようなDJをするのは初めてかも。もちろん娘も連れて行きます。
Vinyl+RMX-1000でDJしようと思いますが、どんなDJしたらよいか悩みます。笑

FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/1333003913382577/

 

この両方とも僕の妻、ANiIIIIiiiKiiがDJします。
久しぶりの夫婦共演2days、果たしてどういう流れになるか読めませんがどちらでお会いしましょう〜!



Ableton Meetup Tokyo Vol.5 4/26(火)開催です


 

Ableton Meetup Tokyo Vol.5

 

4/26(火)に5回目となるAbleton Meetup Tokyoをいつもの三軒茶屋Space Orbitで開催します。
ミートアップ毎に違うテーマを打ち出してみるのも面白そう、ということで今回は”Experimental Special”と題して実験的なAbleton Liveの使い方をしているプレゼンテーションを特集。
僕もLEAP Motionを使ったプレゼンテーションを行います。
個人的にはライブがすごかったBervatraが楽しみです。

また、今回から学割始めます。
学生の方は、エントランスで学生証を提示すると入場料が500円割引になります。
IDとして使える学生証が発行されていれば学校の種類は問いません。

今日は寒いですが、段々春の天気になってきました。(自戒の念を込めて)外に出ましょう!!!

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1733659393514325/


 

Ableton Meetup Tokyo Vol.5 “Experimental Special”

日程:2016年4月26日(火)
時間:19:00~23:00
場所:Space Orbit, 東京都世田谷区太子堂5-28-9 B1F(三軒茶屋駅 徒歩6分) http://bar-orbit.com/

出演

Koyas (Ableton認定トレーナー)
「手の動きでエフェクトを多次元コントロール」
Megumu Otani
「オートメーションを活用し、generative music(育成音楽)を! vol.2」
Bervatra
「フィールドレコーディングの多層構造化を用いたリアルタイムビートメイク」

MC: DJ At (Ableton認定トレーナー), CD HATA
DJ: 蜻蛉

いよいよ春本番!第5回目のミートアップはExperimental Specialと題して、各出演者が実験的なテーマでプレゼンテーションを行います。
今回初登壇となるBervatraは、彼らがライブパフォーマンスで行っている環境音をサンプリングしてその場でビートを組む方法を披露。また、Ableton認定トレーナーのKoyasがLEAP Motionを使ってジェスチャーでエフェクトをコントロールする方法を紹介し、前回のプレゼンテーションが好評だったMegumu Otaniは、Max for Liveデバイスを使用して自動で育成する音楽を奏でます。
また、春と言えば入学シーズン。Ableton Meetup Tokyoも新入生を歓迎してこの4月開催から学割を始めます。入口で学生証を提示すると500円オフ。学生証があれば学校の種類は問いません。春の陽気に誘われて音の実験を楽しみましょう。

料金:2000円/学生1500円 (入口で学生証を提示してください)
※事前予約・登録の必要はありません



3月もsoundropeに寄稿しました。今回のテーマはトラブルシューティングの心得


IMG_0545

 

先日、車で首都高を走っていたら一時停止で取り締まりにあいました。場所は中央環状線の箱崎ロータリーです。
首都高に一時停止場所なんてあるのかと不思議に思うかも知れませんが、首都高は高速道路ではなく自動車専用道路なので、信号機や一時停止があるのですね。捕まってなければ7月でゴールド免許になったのに…。
切符を切られてから思い出しましたが、ここは一時停止の取り締まりで有名なスポットでした。車を運転する皆さんご注意を〜

 

そんな最近ですが、今月もsoundropeさんに記事を寄稿しました。

今回の内容は、誰もが嫌がるマシントラブルにどう立ち向かうかというテーマです。僕は昔の仕事でスタジオ用DAW環境のサポートをやっていたので、その時の経験を基に書きました。ただ、敢えて「こういうトラブルの時はこうすると治る」といった実践的なTIPSは書いていません。

ソフトウェアの世界は未だに進化のスピードが速く、こういった情報はすぐに通用しないものになってしまうので、今回は「マシントラブルに遭ったらどういう心構えで何をしたら良いのか」という視点から書いています。マシントラブル対処法と言うよりビジネス書みたいな内容かもしれません。笑

 

もうマシントラブルも怖くない?!トラブルシューティングの心構え
http://soundrope.com/blog/daw-trouble-shooting/



2月後半の予定


AMT Vol.4

 

2月後半になり段々暖かい日も出てきましたが、僕は最近カセットデッキを掘りに行くことが増えてきました。
カセットデッキはテープのメカな部分とオーディオの電気な部分が共存しているのが面白く、今の時代でも熱狂的なファンがいます。レコーディングも出来ますね。
中でも80年代のカセットデッキは日本の家電メーカーが当時の技術の粋を集めて作っていて、世界トップクラスの高い技術を持っていたそうです。昨今のカセット人気で海外からの購入が増えたらしく、オークションの相場も高くてNakamichiのデッキは10万円を超えることもあります。

 

そんな2月後半の予定です(なんのこっちゃ)

2/23 (Tue) Ableton Meetup Tokyo Vol.4 @ Space Orbit (三軒茶屋)

https://www.facebook.com/events/993770454029149/

AMTことAbleton Meetup Tokyo、隔月で定例開催の4回目です。なんと司会は僕とHATAさんです。お楽しみに〜〜〜

 

2/27 (Sat) Sukima Tokyo 35 @ Aoyama Hachi(青山)

https://www.facebook.com/events/1044629612266334/
12291262_438375166370883_1218948108874225710_o

蜂で何年もパーティーを続けているSukima Tokyoからライブのお誘いを頂きました。
蜂久しぶりなので楽しみです!!

 

どこかで乾杯しましょう!



今月のsoundrope連載はAbleton Linkについて


IMG_0537

 

今月もsoundropeさんに寄稿しました。
テーマはAbleton Linkという、ワイヤレスネットワークを使って複数台のラップトップやiOSデバイスでのジャムセッションを可能にするテクノロジーについて。画像はFuga MachineというiOSのアプリです。
このAbleton Linkは現在Live 9.6のベータ版で使用可能で、既にあちこちで紹介もされています。タイミングとしては先月の記事に書いても良かったのですが、実際の使用感や対応アプリなどのこなれ具合も含め実践的な記事として書いてみました。
画像はFugue MachineというiOSのシーケンサーアプリで、右の方にAbleton Linkの設定が出ているのがわかると思います。

Abletonはスケジュール通りにリリースするよりも、良いものが出来上がったらリリースする方針らしいので、正式版がいつ出るか見当がつきませんが、使って見た感じではそんなに遠くないうちに正式版がリリースされるのではないかと思います。

これが実際にリリースされたら、LiveやiOSデバイス同士のセッションが盛んになって面白い流れになりそうです…!

ワイヤレスで楽しむ新しいセッションの形。音楽で人と人をつなぐテクノロジー「Ableton Link」
http://soundrope.com/blog/ableton-link/